Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Annals of Surgical Oncology に論文が掲載されました

論文の閲覧はこちら

ASO Author Reflections: Anastomotic Complications are More Prevalent in Laparoscopic Total Gastrectomy than in Open Total Gastrectomy

この論文は以前に私がPublishした以下の論文に対する解釈と今後の課題をまとめたものです。

Short-Term Outcomes of Laparoscopic and Open Total Gastrectomy for Gastric Cancer: A Nationwide Retrospective Cohort Analysis”. Ann Surg Oncol. 2019.  https://doi.org/10.1245/s10434-019-07688-y

 

腹腔鏡手術の発展により、胃切除術も腹腔鏡で行われるようになり、広く普及したが、安全性は証明されていなかった。胃全摘は技術的にも難度が高く、特に吻合には技術を要する。

本研究では吻合不全は腹腔鏡手術で高いという結果となった。RCTの結果は確かに必要だが、安全に手術を行うためにも新たなデバイスや技術、トレーニング方法の確立が重要だといえる。